脳腸相関について!腸はストレスの影響を受けやすい!

脳腸相関

脳腸相関のうちょうそうかんとは、
脳と腸は密接につながっている」という意味よ!

便天ちゃんとウンチ
脳腸相関のうちょうそうかんとは

脳腸相関とは、脳と腸が互いに密接に影響を及ぼし合うことを言うの。
例えば、がストレスを感じると、自律神経じりつしんけいを介して、にストレスの刺激が伝わり、お腹が痛くなったり下痢になったりというように、脳と腸は関係が深いのよ。

スポンサーリンク

ストレスと脳腸相関のうちょうそうかん

ストレスが脳神経腸神経叢ちょうしんけいそうの両方に作用して、
小腸や大腸の運動を低下したり過剰にしたり、消化管の知覚過敏を引き起こしたりするの。


ストレスを感じると、自律神経を介して胃腸に伝わり、胃腸の働きが低下する。これを脳腸相関というわ。

脳と腸のつながり

脳と腸は、自律神経じりつしんけいのネットワークでつながっているの。
脳と胃腸は、受精卵から細胞分裂を繰り返す過程で、同じ神経管から発生しているの。

スポンサーリンク

つまり、腸と脳の神経構造は似ているの。
胃腸は、消化吸収を担いつつ、自律神経の動きを敏感に感じ取る、いわば考える臓器なので、「第二の脳」と呼ばれる。

セロトニンの発見が第二の脳と呼ばれる由来

「第二の脳」(セカンド・ブレイン)という言葉を世界に広めたのは、
神経伝達物質しんけいでんたつぶっしつ(ホルモン)のセロトニンが腸内にあることを発見したのがきっかけ。
セロトニンが不足すると、うつになったり不眠症になったりする。

セロトニンは、気分ととても関係の深い神経伝達物質しんけいでんたつぶっしつ(ホルモン)よ。

だからこそ、脳と腸はとても関係が深いの(脳腸相関)

腸の細胞は脳の次に多い

の細胞は100億個、次に人間の体で細胞が多いのは1億個

細胞の数では、脳に劣るけれども、人間の体で考えると、腸もかなり細胞が多い器官です。

それほど、腸は複雑で、多大な仕事をしている器官だと言えます。

独立して動くことができる腸

腸は食物に合わせて、消化液やホルモンなどを分泌したりするの。
それらの働きを脳の助けを借りなくてもできるように、腸には独自の神経ネットワークが発達している。
朝に水を飲むと、蠕動ぜんどう運動が高まるのも、独自のネットワークで働いているからなの。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。