昔と現代を比べて、便秘の人口が増えた理由

まったく、私が生まれた
便秘で悩む人なんてほとんどいなかったものよ~!

便天ちゃんふーんの表情

へえ~
いつ頃なの?

そうね!
卑弥呼ひみこの時代よ!

便天ちゃんとウンチ

(´゚Д゚`)ゲッ
便天ちゃん何歳、、、?

昔と現代の違いについて教えて便天ちゃん♡

食生活の変化

昔の日本の食事は、穀類こくるいが主食だったの。
そのほかには、海藻、野菜、根菜類を多く食べて食物繊維の摂取が多かったから、日本人誰一人も、便秘に悩んでいる人はいなかったわ!
しかし、欧米化の食生活になるにしたがい
肉類がおかずの中心となり、油の量が2~3倍増えて、お米の消費量は半分にもなり、全体的に食物繊維が不足してしまったの。
さらに玄米や雑穀米が主食だったのに、ヌカをとりのぞいて、炭水化物だけの白米にしてしまったことも大きな要因ね。

スポンサーリンク


醤油漬物の摂取量も減少、日本人のお腹を支えてきた植物性乳酸菌しょくぶつせいにゅうさんきんの摂取量も減ってしまったの。

田舎風景

生活の変化

デスクワークが増えたことパソコンの普及により、運動不足になったわね。
また、の普及もあり、ほとんど歩くことがなくなったわね。

運動不足は、腸の動きを低下させるので、便秘の原因になるわよ!

便秘だけでなく、生活習慣病の原因にもなるから気をつけてね!

スポンサーリンク

豚の蚊取り線香

添加物の増加

とにかく昔と違って、いつでも好きなときに24時間コンビニで買い物ができる時代でしょ。
食べ物を腐らないようにするために、保存料という添加物が大量に入っているわ。
また、白砂糖を作るときは漂白したりと、国民の安全をとるよりも、生産性や消費性を重視するようになり、添加物の摂取量が数段に増えたの。

添加物は、腸内では完全に消化されないし、それどころか毒素になってしまうの。

こんなんじゃ、腸が悲鳴をあげるのも無理ないわね。(つまりは、便秘の原因になるのよ!)

古いミシン糸

エアコンの普及

エアコンの普及が、外出する時により無防備にさせるようになったの。
具体的にいうと、昔は、寒い冬に外出するとなったら、完全に防寒対策をしてでかけたものよ。
ところが現代では、薄着で外出して車のエアコンをつけて、駐車場から建物にはいったらエアコンがガンガンにきいている。
薄着だから、体も冷えるし、温度差が激しいから自律神経じりつしんけいが乱れるようになったの。
生活は便利になったけど、体の優れたセンサーは、狂い始めているわ。

(※自律神経とは、腸の動きをコントロールする神経。)

造り酒屋

電気で生活が乱れるように

たとえば、昔は夜になったら真っ暗だったものよ。

だからみんな夜更かしせずにすぐに寝たの。
ロウソクの灯りすらもったいなかったからね。
ところが、いまは夜中でも、ネオンが光り輝き、深夜を過ぎてもテレビをダラダラと見たり。
翌日は、遅く起きるという生活の乱れが便秘をひどくしているの。
人間の体は朝日を浴びる事によって、体内時計を修正する力があるのに、その体内時計を狂わせているの
これじゃ、自律神経が乱れてしまい、便秘になっても仕方ないわね。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。