腸閉塞(イレウス)について

絞扼性イレウス

腸閉塞(別名:イレウス)とは

便天ちゃん

こちらでは腸閉塞(別名:イレウス)についてわかりやすく解説しています。

腸閉塞ちょうへいそくとは

ポイント
腸閉塞ちょうへいそくとは別名イレウスとも呼ばれるわ。
腸閉塞とは、腸がねじれたり、その他、腸に起こる病気が理由で腸に狭いところ(狭窄部きょうさくぶ)ができたことにより、便が詰まり、便がでない状態をいうの。
激しい腹痛をともない、腸閉塞によって、腸管の血行障害がおこると危険な状態になるわ。
血行障害がおきると緊急手術になるのよ。
もしも放置しておけばに至る病気なの。

腸閉塞の種類

癒着性イレウス
絞扼性イレウス
麻痺性イレウス

  • 癒着性ゆちゃくせいイレウス:腸がひっついてイレウスを起こす。
  • 絞扼性こうやくせいイレウス:腸がねじれてイレウスを起こす。
  • 麻痺性まひせいイレウス:腸が麻痺してイレウスを起こす。

腸閉塞ちょうへいそくの原因

注意
腸閉塞の原因で多いのは、術後の癒着ゆちゃくによるものがほとんどね。
ほかに、大腸がん・胆石・腸ねん転・ヘルニアが原因になることもあるわよ。

腸閉塞の症状は?

  • お腹の張り(腹部膨満感)
  • 悪心
  • 嘔吐

腸閉塞の検査

ポイント
腹部のレントゲン撮影によってすぐに診断がつくのよ!
もう少し詳しく検査する場合は、鼻からイレウス管を通して、造影剤ぞうえいざいを注入して狭いところの確認をする場合があるのよ。


そのほかに、緊急CT検査や、超音波検査があるわ。

術後の癒着ゆちゃくとは?

ポイント
癒着とは、子宮筋腫・子宮がん・大腸がん・盲腸などによって、開腹手術かいふくしゅじゅつ(お腹を切る手術)を行った人が起こりやすい状態なの。
臓器というのは、空気に触れるとくっつく(癒着)特徴があるのよ。
臓器同士がくっついたり、臓器と腸がくっついたりしてしまうの。
このくっつきによって、便が通りにくくなるのが問題なのよ。


腸管癒着は、開腹手術後、すぐに起こる場合もあれば、10年後に起こる場合もある。

腸閉塞ちょうへいそくの治療は?

ポイント
イレウス管というバルーンを使って腸管を広げる治療が一般的ね。
そして、便秘にならないような生活指導食事指導を受けるわ。

腸閉塞のツボ

ポイント
腸閉塞に有効なツボがあるの志室ししつといって場所は、ウエストの高さにあり、背骨から指4本分(人差し指~小指)外側にあるくぼみよ。
押さえると痛気持ちいい場所ね。
ツボ 志室
もちろん、腸閉塞の兆候があったら、すぐに救急車を呼ぶべきだけど
普段から、腸閉塞の予防として、このツボを刺激しておくといいわよ。